« 追突されて発症した脳脊髄液減少症のケース(2016年) | トップページ | 過去の事故の影響による側弯の進行を防止(2005年) »

2017年6月15日 (木)

ジェットコースターで脳脊髄液減少症に。3年間続く疲労感が解消(2016年)

3年前、ジェットコースターを20回ほど連続して乗ったら、異常な疲労感が発生し、1週間入院することになった。MRIで脳脊髄液が首と背中で漏れていることが確認され、脳脊髄液減少症と診断された。
このケースの脳脊髄液減少症も、日常生活にはない大きな刺激を受けることで問題が発生していますが、交通事故で起こったケースとは少しタイプが異なっています。
背骨の問題以外の問題が見つからなかったことと、発症から時間が経っていること、そして背骨の矯正を避けなくてはならない危険な兆候が見られなかったため、3箇所の矯正と一部の筋肉に対する刺激のみ行いました。施術後にはだるさは改善され、1ヵ月後の再来院の時まで効果は持続し、だるさのレベルは初診時の5分の1の状態で維持できていました。睡眠障害が残っていましたので、それを改善する施術を行いました。さらに1ヵ月後の3回目の来院の時まで朝起きやすい状態が保てていました。背中の重さが若干残っていましたが、生活習慣の問題で発生している症状である可能性が高いため、後遺症改善の施術から生活習慣で起こる問題に対する施術に移行してきました。
このケースでは交通事故で受ける衝撃よりは、ずっと少ない刺激だったため、2回の施術で済んだのだと思います。

|

« 追突されて発症した脳脊髄液減少症のケース(2016年) | トップページ | 過去の事故の影響による側弯の進行を防止(2005年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187994/65414732

この記事へのトラックバック一覧です: ジェットコースターで脳脊髄液減少症に。3年間続く疲労感が解消(2016年):

« 追突されて発症した脳脊髄液減少症のケース(2016年) | トップページ | 過去の事故の影響による側弯の進行を防止(2005年) »