« 脂肪代謝のシステム その3 | トップページ | 12月のお休み »

2013年11月19日 (火)

プロが使う道具

脂肪代謝ネタで活躍したこの道具、決して皮下脂肪厚を測るための物ではございませんが、便利に使わせていただきました。

この一般には滅多に目にする事がない道具に興味を示した方がいらっしゃいましたので、ちょっと紹介してみようかと思います。

Nogisu
これは物の外寸、内寸、深さの三種類の寸法を精密に測定する事が出来る「ノギス」という測定器です。

左下の出っ張りで外寸を、左上の出っ張りでパイプなどの内寸を、更に右側から出てくる細い棒で深さを測る事ができます。この写真だと分りにくいのですが、段差などを測る時は、左端を利用する事もできます。

通常の定規ですと、せいぜい細かくても0.5mmまでしか測れませんが、このノギスの場合は、0.05mmの細かさで測る事ができます!

こういうプロが使う道具って、ねじ一本にも重要な役割があって、それが無いとうまく機能しなかったりします。このレベルになってくると、正確に測るためには「技術」が必要になってきます。測定する物に対してどの様に測定器を当てるか、どのくらいの力で当てるか、という測定者の細やかな感覚が必要になってくるのです。
そのような「繊細な感覚」がないと、更に細かい0.001mm単位の正確な測定は不可能なんです。

こういう顕微鏡レベルの世界で何が起こっているかを感覚的に分かっていると、施術の際に自然と繊細な感覚が生かされますから、ハーティーカイロの強みの一つかもしれません。

良い道具には、「機能美」と言うものが備わっています。それは、その世界の事を分かっている者にしか分からない価値観。目的を果たすために、いかに優れた形をしているかに気付いた時、そこに美しさを感じるのです。そして、それが分かっていると、道具を最大限に活用する事ができるのです。

人間の体にも「機能美」が備わっていて、それを磨くという選択肢もあるのですが、世の中の傾向は「表面的な美しさ」だけに目がいっているようです。

ちょっと脱線しちゃいました。機能美に関しては、またそのうちに、、、


ところで、、、例のものは、、、既に15mm

|

« 脂肪代謝のシステム その3 | トップページ | 12月のお休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロが使う道具:

« 脂肪代謝のシステム その3 | トップページ | 12月のお休み »