« 6月のお休み | トップページ | 初めての往診 »

2013年6月14日 (金)

脂肪代謝のシステム

人間には体を健全に保つためのシステムが備わっていますが、現代社会では様々な形でそのシステムが働かなくなります。

今年も私の腹には脂肪がガッツリついています。が、これはそのシステムが働かなくなってついたわけではありません。
北海道に住んでいるなら、冬の間に脂肪が増えるというのは自然の摂理です。寒さに耐えられるように、体が脂肪を蓄えた結果です。そして夏には自然と脂肪が減っていく。それが体にストレスの少ない生活であって、健康的だと思うのです。

もし私がモデルなら、冬でも脂肪が増えないような生活をしますが、それは肉体的ストレスを増やすことになってしまうので、別の問題に対処する必要が出てきます。が、私はモデルではないので、楽に健康でいられる方を選択します。(こんなこと書いたら来る人が減るかな(汗))

以前にもブログで言ったかもしれませんが、私は痩せているかどうかということよりも、人間としての「輝き」を重視してるので、ちまたにはびこっているダイエットネタには、ほとんど興味がありません。(体の仕組みを深く理解するほど、一般情報に価値を感じなくなります。ほとんどは、単に興味を引くように説明して、現実的でない幻想を持たせるための情報なので、、、)
ダイエットに関しては、最高の健康を維持することが、何よりも優先するべき究極のダイエットだというのが私の結論です。

体の機能が維持されていれば、気温の上昇とともに自然と脂肪の量も減っていくでしょう。そのような変化が起こらなければ、体の機能が低下しているサインなので、私ならカイロプラクティックを受けます。環境の変化に体が順応するには、神経系が健全に働いている必要があります。

もし、あえてダイエットをするなら、暖かくなってきたこのタイミングを逃さずにカイロを受けて、最大のダイエット効果をねらうでしょう。

さて、現在、私のへその横の皮下脂肪は約3.4cm(去年より2cm少ないですが、、、)
はたして秋にはどれくらい減っているのだろうか、、、
Hara1_4醜い画像で失礼、、、


|

« 6月のお休み | トップページ | 初めての往診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪代謝のシステム:

« 6月のお休み | トップページ | 初めての往診 »